« 春の新学期準備フェア!! | トップページ | メッシュの質感のハンドルカバー「TRUTH」 »

2006年3月 3日 (金)

ダ・ヴィンチ・コード (下)

「キリスト教伝説」「聖杯伝説」
その真実に迫るために連載していくいろんな謎解き。
サングリアルは、サンとグリアル?
サングとリアル?

ローズライン、ロスリン…
英単語の意味を理解しながら読んでいくと体が震え出すかもしれない。

でもクリスチャンの人が読むとどんな風に感じるのだろうか?

キリストがなぜ神様にしたてあげられたのか?
神様と思わせるために都合のよい部分だけを引用し、世に知らしめられた聖書。

その秘密を暴かれまいとする教会と、時期がくれば暴露しようと目論む秘密結社。

2000年もの間、ひそかに継承されつづけた聖杯とは?

史実にもとずいて書かれているだけにホントに驚かされました。

まさか、ダビンチの書いた最後の晩餐にそんな秘密があったとは…

万有引力を発見したニュートンまでも?

史実は実は多くの人にしらしめられるためにいろんな芸術家達の手でうまく描かれている。

この本を読むと美術館に足を運んで確かめたくなります。

それにしても最後の最後のだいどんでん返しにはこの本の作者に感服させられました!

近日中に映画も公開されるそうなので絶対見なきゃ!

私はハードカバーの上下巻で読みましたが、文庫サイズの上中下巻でも3/10に発売されるのでこちらもお勧めです!

読み応えありますよ~!

ダ・ヴィンチ・コード (下) ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

Angels & Demons ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版 デセプション・ポイント 上 デセプション・ポイント 下

by G-Tools

|

« 春の新学期準備フェア!! | トップページ | メッシュの質感のハンドルカバー「TRUTH」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147845/8916371

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード (下):

« 春の新学期準備フェア!! | トップページ | メッシュの質感のハンドルカバー「TRUTH」 »